筋トレはメリットばかり!!~運動で毎日を楽しく~

筋トレ

初めに

皆さんこんにちは!最近筋トレにはまっている小貧乏タイキです!

今回は僕の趣味の一つである筋トレについて、メリット、デメリットをまとめていきたいと思います!

メリット

健康維持、増進

筋トレは、健康維持・増進に大きく役立ちます。そして、週2回以上の筋トレと週150分以上の有酸素運動によって、ガンによる死亡率は31%、すべての病気による死亡率は23%減少することが、2017年、シドニー大学のエマニュエル・スタマタキス準教授らの調査により明らかとなりました。

また、同準教授らの別の研究で、週あたりの飲酒量が増えることでガンによる死亡率が増加することがわかりました。ところが、ウォーキング、スイミングなど軽い有酸素運動を週に150分行うことで、飲酒によるガンのリスクは打ち消せるということが明らかになりました。

ガンの他にも筋トレ、有酸素運動によって生活習慣病を予防できます。
生活習慣病は、肥満症や高血圧症、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化症などがあり、日本人の死因の約6割が生活習慣病によるものです。(ガンも生活習慣病に含む)

よって、適度な運動を行うことは健康を保ち、様々な病気を予防するため、ずっと健康でいたいと考える人は、少しずつ運動を生活に取り入れていくといいでしょう。

スタイルがよくなる

適切な運動をすることで、スタイルがよくなります。そして、筋肉量を増やすことによって、一日当たりの消費カロリーが増加し、代謝がよくなり、スタイルを維持しやすくなります。
運動をせずに食事制限だけでダイエットを行っても、筋肉は増えず、代謝は悪くなります。よって、リバウンドしやすい体になり、長期的に考えるといいダイエットにはなりません。
栄養面を考えても、無理な食事制限は健康によくないので、スタイルをよくしたい場合は筋トレと有酸素運動を行いましょう!

自分に自信がつく

筋トレをする際、僕たちの体は様々なホルモンを作り出しています。そのホルモンが分泌されることによって、自己肯定感が高くなったり、多幸感をもたらします。

筋トレによって分泌されるホルモンの例として、まず、テストステロンがあります。
男性ホルモンであるテストステロンは、集中力、記憶力といった認知力の向上に大きな役割を果たします。認知力の向上により、日常の成功体験が増え、自己肯定感の向上に間接的に役立っています。

次に幸福ホルモンとして知られるセロトニンです。
セロトニンは多く分泌されることで、精神が安定し、同時に、気分を高揚させる効果があります。

一番聞き覚えのあるドーパミンはセロトニンと同様に幸福感をもたらすホルモンで、ドーパミンが分泌されると、モチベーションが向上したり、気分が高揚する効果があります。

他にも幸福感を上げるホルモンが分泌されますが、種類が結構多いので、気になる方は「筋トレ ホルモン」で検索してみてくださいね。

睡眠の質の向上

「言われなくても、運動すればよく眠れることくらいわかるわい!」っと思う方がほとんどだと思いますが、睡眠の質が高くなるメカニズムを知らない人は多いでしょう。ただ単に運動で疲れたからというわけではないのです。

筋トレをその日に行うことで睡眠時の体温が上がります。そして体温が上がることで、深い眠りであるノンレム睡眠に入りやすくなります。よって筋トレを行うことは深い眠りをサポートすることに直結するのです。

デメリット

お金がかかる

本格的に筋トレをする場合、ダンベルやアブローラーなど、筋トレ用具を購入する、または、ジムに通う。といったようにお金をかけなければなりません。プロテイン等も購入するならかなりの出費になります。プロテインは一日当たり100円はかかるため、一年間で数万円の出費となります。ジム料金はもっとかかるでしょう。

体型維持のための筋トレなら自重トレーニングで十分で(腹筋や懸垂など)、プロテインはなくてもよいため、あくまでこのデメリットは今より筋肉をつけたい人に当てはまるものとなります。

まとめ

ここであげたメリットは数あるうちの一部でしかないといえるほど筋トレには魅力があります。対してデメリットはお金がかかるくらいです。一週間やってみるだけでも自己肯定感や睡眠の質は向上するので、迷ってる人は思い切って明日から、筋トレを一週間続けてみましょう!!

また今度、筋トレや有酸素運動のメニュー例について記事にしようと思っています!

筋トレに関する書いてほしい記事があったらコメント欄で教えてくださいね^^

それではまた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
筋トレ
taikiをフォローする
カテゴリー
オボロブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました